静岡県を中心に総合人材サービスを展開!派遣・パート・アルバイト・正社員・転職・請負のことなら三幸コーポレーション

女性座談会

働く女性達の本音に迫る

堀水 知子さん

三幸コーポレーション
営業本部・採用企画グループ

採用活動全体を押し上げるための企画立案、技能正社員の新卒採用、広報などを担当。

寺尾 瀬名さん

三幸コーポレーション
管理本部・総務人事グループ

新入社員の採用や、社内イベントや教育研修の企画運営などを担当。

鈴木 京那さん

㈱グローバル・ネットワーク
営業社員

グループ会社にて、広告代理業や不動産仲介管理業、ワイン販売などを担当。

長嶋 瞳さん

三幸コーポレーション藤枝・静岡支社
営業社員

派遣スタッフの採用や配属後のフォローや、企業様とのやりとりなどを担当。

女性から見た、
SANKOのワークスタイルとは?

長嶋
やりたいことに自分自身で考えて取り組めるし、手伝ってくれたり声をかけたりしてくれるのでとても仕事がしやすいですね。日々の仕事を通して成長できているなと実感できる瞬間も多々あり、恵まれた環境にいると感じています。
寺尾
土日の休みもスケジュール通り取れますし、「働き方」を提案する企業として、有休取得を推奨する先駆的な動きなども浸透していますから、自分のイメージ通りの働き方が実現できています。
鈴木
私は先ごろ結婚したばかりなんですが、今はまだこのスタイルが自分のものになっていない感じがあります。職場では堀水さんを始め、先輩方に早く帰れるよう気を配ってもらったり、相談に乗ってもらったりしています。でもまずは自分らしく家事と仕事を両立するのが今の課題でしょうか。
堀水
育児中のため、今は時短勤務をさせてもらっています。SANKOは、産休や育児休業、それに自由度が高い勤務シフトなど、働く女性への配慮や体制が整っているので、その制度をありがたく活用させてもらっています。

女性が働く上で、
企業が変わってきているという実感は?

長嶋
お客様と日頃から接する中で強く感じるのが、人手不足の今は採用条件に自由度や幅を持たせないとなかなか採用ができないという事実。企業側にとって、働く人への配慮や職場の環境整備などはもはや必須だと思います。
例えば私のお客様の工場では、女性用のトイレを新設する企業様が年々増えてきています。また小さなお子様を育てていらっしゃる方、親御さんの介護をされている方など、色々なライフステージにいる方が協力し合って運営している女性ばかりの請負事務所もSANKOにはあります。以前は工場というと男性社会というのが当たり前という風潮がありましたが、こうした目に見える変化がどんどん一般化してきているのは嬉しいことですね。
鈴木
今まさに実感していることは、家庭と仕事を両立させている先輩の存在の心強さです。職場の制度としても、それぞれの立場や都合に合わせて幅広く働き方が選べるようになってきたことは、心から歓迎したいです。
堀水
私のような時短勤務制度をはじめとして、社員それぞれのスタイルに合わせて働き方の多様性や選択肢は確実に広がってきていると思いますね。
また以前は女性が結婚すると寿退社というケースが多かったのですが、今では結婚後も働くのが当たり前になりました。それに伴って生活と仕事を両立できるように、企業側も多彩な取り組みを導入してきていますよね。

これから「もっとこうなってほしい」と
思うことは?

長嶋
女性の営業がもっと増えてほしいかな。営業職には女性がまだ少ないので、お客様に覚えてもらいやすかったり、大切にしていただけたりとメリットも多いので、ぜひ多くの方にチャレンジしてほしいと思います。
それに少ないとはいえ同性の仲間や先輩もいますから、服装やマナー、気配りなど、女性ならではの情報を共有したり、フォローしあったりできますし、女性だから困るということもないですしね。
堀水
個人的には、在宅勤務がもっと広く浸透してくれたらありがたいですね。フレックスもかなり一般化しましたが、もっと多くの企業に導入してほしいですし。
寺尾
これからのことを考えるのであれば、在宅勤務は嬉しいですよね。私もぜひ活用したいです。
通勤時間というのは生産性ゼロの時間ですし、また女性の場合は出勤の準備にもいろいろと時間がかかってしまうので、どうしても仕事以外に必要な時間が長くなるんですよね。
在宅ならこういう時間をもっと有効に活用できますから、仕事の効率とプライベートの両面でメリットが大きいと思うんです。
長嶋
在宅勤務は魅力的だと思うけど、私のような営業ではちょっと難しいかも…(笑)。仕事の内容によってそこも選べるといいですよね。
堀水
社会的な面では、育児環境がもっと整備されてほしいなという気持ちがありますね。例えば待機児童の問題などは、子どもを持つ女性にとって、まずいちばん最初にクリアしなければならない問題ですし。学童保育なども例えばもっと長時間預けられたりと、幅広い利用が可能になってくれるとありがたいですし…。
働きたいけど働けないという状況はそれぞれいろいろあると思うんですが、女性が働こうとすると、どうしても何かを犠牲にしなければならない。そんなケースがまだまだあるので、それが解消されれば女性はもっともっと働きやすくなると思いますね。
全員
それは同感!!

育児と仕事とのバランスについてどう感じるか?

堀水
出産育児を経て仕事に復帰した今、本当にいろんな面で誰かに支えてもらっていることを実感させられますね。私の場合は、特に両親。親が元気でいてくれることが本当にありがたいです。
子どもの急な発熱などで自分がすぐ対処できない時に、親を頼りにできるというのは本当に大きな支えです。
鈴木
子どもができるとやっぱりそういうこともあるんですね。近い将来のことだし、私も今のうちからしっかり考えておかないと…。
でも近くに元気な親がいる人ばかりじゃないですから、そういう立場の人でもキチンとした支えが得られるような社会になってくれると安心ですね。
寺尾
企業内託児所とか、子連れ出勤とか。女性にとって理想的な職場がどんどん増えてくるといいですよね。
堀水
子育て環境や施策って、実際には住む場所によって大きく違うんですよ。今はどの町も人口が減ることへの危機感があって、子育て環境の充実に力を入れてきていますが、今後はもっともっと「働く環境に優れた町」という判断基準で、住む場所を選ぶ女性が増えていくんじゃないでしょうか。

働く女性に対して、伝えたいことは?

寺尾
今は人手不足なので、どの企業も改めて女性の力に注目していますし、休日や待遇もますます向上してきていますから、採用担当としては、女性でも安心!としっかり伝えるようにしています。
ぜひ女性にもっともっと長く、仕事で活躍しつづけてほしいですね。
鈴木
自分の経験からしても、その企業に女性の先輩がたくさんいたり、また生き生きと活躍していたりすることは重要な決めてでした。
近い未来の姿としてそこに自分を投影できるから、安心感があるんですよね。
それと、女性が働きやすい職場って、きっと男性にとっても快適なんじゃないでしょうか。
長嶋
それはありますね。女性営業の先輩や、時には他社の女性営業の方などに親しく接することで、私もいろいろな不安を解消してもらっていますし。
堀水
女性は結婚・出産・育児とライフイベントが多いですが、それが働く上でのハードルにならない社会へと着実に変わってきています。この動きがさらに広まって、男性も女性も関係なく「人が快適に働ける環境」へと進化していってほしいと思います。